大学のサークルの作り方はどうすれば良いの?苦労点も事前チェック!

大学でサークルを新しく作りたいなと思っている方はいらっしゃいますよね。

 

自分の好きなこと、やりたいことを仲間と一緒にできるのはとても楽しいでしょう。

 

周りにも同じことをやりたいと言う人がいれば特に、もっと仲間を集めてサークルとして認めてもらいたいですよね。

 

でもサークルを作るというのはどうすればいいのかわからないという方が多いでしょう。

 

そこで今回は、大学のサークルを作るのはどうすればいいのか、またサークルを立ち上げる際の苦労についてご紹介します。

 

大学のサークルを作るのはどうすれば良いの?

まずは、大学でサークルを作るのはどうすれば良いのかについてご紹介します。

 

サークルを作りたいけれど、手順がわからなくて困っているというかたもいらっしゃるでしょう。

 

サークルを作ること自体は、そんなに難しくはありません。

 

まず、周りの友達で同じ趣味の人を誘い、サークル仲間を作ります。

 

やはり盛り上がっているサークルだと知ると人も集まります。

 

ですから多ければ多いほど良いのですが、最低でも5人ほどは最初に集めましょう。

 

そして、Twitterのアカウントを作ります。

 

大学名とサークル名はもちろん、活動内容やどんな人を募集しているかなど、できるだけ詳しく書いて写真も載せましょう。

 

アカウントを作ったら、同じ大学の生徒をフォローします。

 

平行して、ブログを開設するとより効果的です。

 

サークルが出来る前の活動内容を逐一載せることで、具体的なイメージがわくため、興味を持ってもらいやすくなります。

 

ブログのURLをTwitterに貼り付けて、多くの人にみてもらえるようにしましょう。

 

これで人が集まったら、大学に申請をします。

 

20から30人ほど集まれば大丈夫です。

 

申請の際は、なぜこのサークルを立ち上げたのか、どんな人のために、活動内容を具体的に書いて下さい。

 

サークルの立ち上げる際の苦労はどんなのがあるの?

次に、サークルを立ち上げる際の苦労についてご紹介します。

 

私は同じクラスの男子学生がスケートボードのサークルを立ち上げていたのをみました。

 

彼にサークルを立ち上げたときの苦労について聞いたところ、やはり人を集めることだと話していました。

 

サークルを立ち上げてから、公認されるまでは大学からの金銭的な援助がありません。

 

そのため、人を集めるのにSNSだけではなくてポスターを作ったりビラ配りをしたりして、自分たちの時間とお金を使って行ったようです。

 

4月の新入生が入る時期には他のサークルと戦わなければいけませんし、もうすでに各サークルに所属している人へのアピールは難しいです。

 

新しいサークル、と聞くとあまり信頼されないことが多いため、様々な方法でアピールしていかなければなりません。

 

楽しそう、ここに入りたいなと思ってもらうためには、いかに写真でPRできるかがキーになってきます。

 

SNSの例としてはTwitter、LINE、フェイスブック、インスタグラムなど、多くの人が使っているものに毎週写真とPRを投稿します。

 

ビラ配りも、大学では一人一人が来る時間が違うため、朝、昼、帰りなど何回かにわけて行う必要があります。

 

人手も必要ですし、時間や労力もかかります。

 

サークルを立ち上げには計り知れない苦労があるのです。

 

まとめ

 

今回は、大学のサークルを作るのはどうすればいいのか、またサークルを立ち上げる際の苦労についてご紹介しました。

 

大学でサークルを立ち上げるのは大変ですが、やはり認定されたときには大きな達成感があると思います。

 

自分が立ち上げたサークルが引き継がれていくというのはうれしいですよね。

 

趣味が同じ仲間と活動できるというのは大学生活をさらに充実させられるでしょう。

 

これらを参考にして、ぜひ新しいサークルを作って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)