妊婦の里帰りはいつからいつまでが安全か?メリットやデメリットについて

妊娠すると.早い段階で考えないといけないのは赤ちゃんをどこで産むのかという問題です。

そこで多くの人は里帰り出産をしようかなと考えます。

ただ里帰り出産となると病院によっては早めの分で予約が必要になる所もあるので、いろいろな準備をする必要もあります。

今回は妊婦の里帰り出産はいつからいつまで帰るのが安全なのか、里帰り出産で気をつけたいことなどについて語ってきます。

 

里帰りはいつからいつまで帰るのが安全?

里帰りは何時から帰るのがベストなのかということですが、だいたい臨月に入る前の妊娠9ヶ月頃が多いようです。

ハイリスク出産や双子などの多胎出産などの場合は30週までに里帰りするのが良いと言われています。

でも、遅くとも妊娠35週までには実家に帰るようにしましょう。

里帰り先の病院によっては何週までに受診してくださいと決められていることもあるので事前に把握しておくと良いでしょう。

また、体調によっては予定より早く帰って受診する場合もあるようです。

場所が遠方で移動するのに時間が掛かるのであれば、早めに里帰りする時期を決める方が良いですが、最もよいのは医師や助産婦または家族とよく相談しながら決めることです。

そして産後、いつ帰るのが安全かというと赤ちゃんとママの1ヶ月検診の頃です。

赤ちゃんは生後2ヶ月くらいまでは感染などの危険性があるため外に連れていくことはなるべく避けるほうがよいと言われています。

もしも、1ヶ月健診でママも赤ちゃんも健康な状態であれば会議室はもちろん自宅へ戻ることもOKです。

 

里帰り出産をするメリットやデメリット

里帰り出産するメリットって何でしょうか?

何よりもママが生まれ育った実家で親や兄弟姉妹.環境に囲まれて心身ともにリラックスできるということです。

特に産後は寝不足になることも多いですし、すっぴんで部屋着のまま一日中外に行かないということもありますが、実家で誰の目も気にせずゆっくり休むことができます。

産後は赤ちゃんのお世話と家事を両方こなすのはとても大変なことです。

産褥期は無理せず、なるべくゆっくり休むことが一番ですので、家族に頼って栄養バランスの良い食事を作ってもらいましょう。

初めての出産の場合心配なることも多いと思います。

ですがもし実母が健在でしたら出産や育児の先輩としてとても頼りになりますし、陣痛が来た時でも親がそばにいれば安心できますね。

 

里帰り出産で注意しておきたいこと

病院の予約や体制の確認

里帰り出産で最も大切なことは、受け入れ先の病院の体制や予約制度などについてくわしく事前に調べることです。

遅くていいかなと勝手に思っていると、里帰り前に一度初診をうけないといけないという病院もあるのです。

特に双子などの多々妊娠の場合は受け入れが難しいところもあるので要注意です!

妊婦は妊娠何週までに診を受けるべきなのかなどについてあらかじめチェックしておきましょう。

ネットにおいても産院の口コミや評判について調べておくと安心ですね。

人気の病院であれば、予約はすぐに埋まることが多いので妊娠発覚と同時に予約するぐらいの早さがあると安心するでしょう。

 

パパのケアも忘れずに

里帰りの時に忘れてはならないのがパパへのケアです。

私も出産のときに里帰りをしたのですが、この帰ってくる時期についてかなりもめました。

私としてはできるだけ長く実家にいたいという主張に対し、彼は会えないから早く帰ってきてくれという主張。

遠方であればあるほど、このようなトラブルがありがちです。

パパも生まれてたばかりの赤ちゃんに会いたいので、あまり期間を開けすぎるのも夫婦のトラブルの元です。

夫婦でちゃんとお互いが納得いくまで話し合う必要がありますし、里帰り出産でもパパとの心の距離をきちんと保ってフォローするようにするとよいです。

 

おじいちゃんおばあちゃんとのルール決め

里帰りの間は実家の親兄弟姉妹に頼りっぱなし、甘えっぱなしではなく、なにかしら家族のルールを決めておくとトラブル防止になります。

数ヶ月いることになりますのでできるだけ円満でいたいですよね。

もしも、上の子がいる場合は保育園や幼稚園の送り向かいはどうするのか、どこまで面倒をみるのかなど、おじいちゃんやおばあちゃんとよく話し合っておくようにするといいですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)