新幹線の予約を学割でするには本人以外OK?学生証のコピー必要?

 

新幹線の予約を学割でしたいなと考えたときに、都合がつかないときには代理でお願いできれば便利だなと思いますよね。

 

学生証のコピーがあれば、代行でも手続きが出来ないのかと気になりますよね。

 

私もアルバイトや学校などでなかなか予約をしに行く時間が取れないことが多いです。

 

親であれば大丈夫だろうと思っていましたが、学生証は毎日持ち歩くものなので、渡してその日は学生証を持たないで学校に行く、というわけにもいきません。

 

コピーであれば、簡単ですしすぐに準備することが出来ますが、やはり不正利用を疑われてしまうのはいやですよね。

 

誇負整理用が増えているようなので、旅行会社や新幹線の窓口でもかなり厳しくチェックしていると聞きます。

 

このようなお悩みをお持ちの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、新幹線の予約を学割でするには本人でなければいけないのか、また代理の時は学生証のコピーを他人に渡すべきなのかについてご紹介します。

 

新幹線の予約を学割でするには本人でないといけない?代行をしてほしい!

まずは、新幹線の予約を学割でしたいときに代行は出来るのかについてみていきましょう。

 

本人が行かなければいけないというきまりが有るのでしょうか。

 

本人が行かなければいけない、というのは予約のページに書いていないことが多いかと思います。

 

代行が利用できたらますます便利に乗車券の購入が出来ますよね。

 

学割の乗車券を購入するときには、 事前に学校で学割証の発行を受ける必要があります。

 

その学割証に必要事項を記入して、駅や旅行会社の窓口で提出します。

 

学割の乗車券を購入する際には学生証を呈示する必要はなく、家族などの代理でも買うことが出来ます。

 

旅客営業規則というものによると、学割証の提出によって販売するとだけ記載されているため、購入の際に学生証の提示義務はありません。

 

やはり学生証の提示義務はないのですね。

 

ただ、学割で乗車券を販売するときには、各会社で厳しく規制しているところが多いです。

 

不正利用が頻繁にあることから、購入時にも確認するというルールを設けている会社もあります。

 

ですから、学生証を持たないで家族などに買いに行ってもらって、買えなかったと言うことがないように、事前に窓口などへ問い合わせて見ることをおすすめします。

 

電話受付は営業時間通であればしているところが多いですので、つながりにくい時間帯は有るかと思いますが、かけてみるとよいでしょう。

 

比較的空いている開店時間すぐや、3時頃がおすすめですよ。

 

学割で買ってもらうために学生証のコピーを地人に渡すべき

他人に学割で乗車券を買ってもらうために、学生証のコピーを渡すべきかについてですが、やはりコピーは信用されないことが多いです。

 

本物の学生証でなければ代理であってもなかなか承諾されないこともあります。

 

やはり学生証のコピーだと不正利用を疑われてしまうことがあるのです。

 

他人に学生証のコピーを渡すのは、悪用されることを防ぐためにもやめておいた方が良いでしょう。

 

これをもしも友人がなくしてしまったら、個人情報も漏れてしまいます。

 

家族であれば、学生証本体を渡して行ってもらうことをおすすめします。

 

学校が終わってから本人が行くのが一番スムーズですが、出来ない場合にはコピーはなるべくしないことをおすすめします。

 

まとめ

 

今回は、新幹線の予約を学割でするには本人でなければいけないのか、また代理の時は学生証のコピーを他人に渡すべきなのかについてご紹介しました。

 

家族などが代理で購入することはできますが、学割の不正利用が多いことから、やはり本人が行った方が安心です。

 

これらを参考にして、予約の際にはスムーズに手続きを行えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)