東京から名古屋で新幹線を学割で使うといくら?一番安くする方法は?

学生の方は、新幹線の切符を学割で乗ることができますよね。

 

帰省するときは特に、東京から新幹線で帰るという場合が多いでしょう。

 

学生さんですから、やはり交通費を抑えてほかのものに回したいですよね。

 

同じならできるだけ新幹線に安く乗りたい!と考えている方は多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、例として東京から名古屋の間で、新幹線に乗りたいという方は学割を使うといくらになるのか、また新幹線の運賃を安くする方法についてご紹介します。

 

東京から名古屋で新幹線を学割で使うといくら?

まずは、多くの学生さんが利用している東京から名古屋の新幹線は、学割を使うといくらになるのでしょうか。

 

東京の品川から名古屋の間では300キロを超える距離があるため、学生は学割を使って新幹線に乗ることができます。

 

学割を使うことで、乗車券は2割引きになります。

 

ちなみに、特急券の場合は割引が適用されません。

 

普通乗車券のみ、学割の対象になっています。

 

価格は、のぞみの指定席が9,830円です。

 

しかしこの料金は夏休みなどの帰省客が多い繁忙期には200円上がってしまいます。

 

逆に閑散期であれば200円安く乗ることができます。

 

ひかり・こだまは9,620円、自由席が9,100円です。

 

のぞみの指定席と比べると、片道210円安くなっています。

 

この指定席料金も、先ほどと同じように繁忙期と閑散期によって料金は変動します。

 

自由席の料金に関しても、学割で安くなるのは乗車券の2割です。

 

しかし、自由席の場合には年間を通して価格の変動はありません。

 

新幹線の運賃を安くする方法は?何が一番安い?

新幹線はできるだけ安く利用したいものですよね。

 

学割を使うと2割引きになりますが、もっとお得に利用できる方法はないのでしょうか。

 

東京と名古屋の間で一番安く新幹線に乗れるのは新幹線ホテルパックというものです。

 

例として、のぞみで往復して1泊6,400円のホテルに泊まるというパックの場合は1人22,000円です。

 

宿泊料金を除いて新幹線の料金を計算してみると、片道7,800円となります。

 

かなりお得ですよね。

 

旅行などで宿泊する場合にはこちらを利用することをおすすめします。

 

また、宿泊なしで一番安く乗ることができる方法としては早割の制度を利用することです。

 

この区間において使えるのは、2人以上の土休日のみ利用できるEXのぞみファミリー早特と21日前までに予約するとお得になるEX早特21の2つです。

 

しかしやはり条件があり、EX早特21は朝6時台と11から15時台出発の列車に限定して利用することができます。

 

時間がかかってもよくて、料金を重視するのであれば、こだまを利用するという方法もあります。

 

こだまは東京から名古屋までの所要時間が約2時間50分です。

 

のぞみよりも1時間多くかかってしまいますが、料金は安くなります。

 

ぷらっとこだまを使うと、指定席8,300円という価格で利用できます。

 

ネットやJR東海ツアーズなどの店頭で片道ずつ1人からでも購入することができます。

 

のぞみの一番安いEX早特21で指定席8,800円なので、かなりお得に乗ることができますよ。

 

学生さんで時間を気にせずとにかく安く乗りたい、という場合にはぷらっとこだまを利用するのをおすすめします。

 

まとめ

 

今回は、例として東京から名古屋の間で、新幹線に乗りたいという方は学割を使うといくらになるのか、また新幹線の運賃を安くする方法についてご紹介しました。

 

学割は20パーセント割引になるので、買うときには事前に調べてだいたいこのくらいかかると把握していくことをおすすめします。

 

また、新幹線をなるべく安く利用するための方法についても、ご存じなかった方が多いのではないでしょうか。

 

同じものに乗るのであれば、やはり安く抑えられたほうがお得ですよね。

 

頻繁に実家に帰るという方は特に、これらをぜひ参考にして新幹線をお得に利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)