洗濯槽のホースの掃除におすすめなのは重曹?それとも酸素系漂白剤?

最近洗濯槽の掃除をしたのはいつですか?

 

ときどき洗濯機の中の掃除もする必要がありますよね。

 

洗濯槽の掃除をする方法は人によって異なるかと思いますが、何を使うのがおすすめなのか気になりますよね。

 

出来れば簡単に、安全に、そして綺麗になるものを選びたいものです。

 

そこで今回は、洗濯槽の掃除に重曹がおすすめな理由、クエン酸は石けんカスに効くのか、また洗濯機のホース掃除にも重曹を使うやり方についてご紹介します。

 

洗濯槽の掃除に重曹がおすすめな理由とは?クエン酸は石けんカスに効く?

まずは、洗濯槽の掃除にどうして重曹が良いのかについてみていきましょう。

 

洗濯槽には、やはり洗濯をするときの衣類についていた皮脂汚れや食べこぼしなどの汚れ、汗など酸性の汚れが多くついています。

 

洗濯槽を掃除しないで放っておくと、これらの汚れがたまっていってしまいます。

 

重曹はアルカリ性なので、洗濯槽にこびりついいて溜まっている酸性の汚れを中和するという役割があります。

 

ですから、洗濯槽の掃除には重曹が適しているのです。

 

また、汚れたものを洗濯する洗濯槽ですから、時間が経つと汚れからにおいが発生してしまいます。

 

これらの様々な臭いは酸性が元になっているため、重曹で掃除をすることで中和されて消臭効果も期待することができます。

 

洗濯槽から嫌なにおいがしたという経験はありませんか?

 

洗濯槽も汚れてカビが発生しますし、においも出てきます。

 

重曹でにおい対策も出来るのでよいでしょう。

 

さらに、人の肌に優しいというのも、重曹をおすすめする理由です。

 

重曹は食品などにも使われていますよね。

 

そのため、口にも入れられる優しい成分でできているのです。

 

お子さんが居るご家庭では子どもが誤って口に入れてしまったり、触ってしまったりすることもあるかも知れません。

 

そんなとき、重曹は肌荒れを起こす可能性が低いのです。

 

肌が弱い方も、重曹であればお肌に優しいので安心して使うことが出来るでしょう。

 

洗濯槽だけじゃない!洗濯機のホース掃除にも重曹を使うやり方とは?

洗濯槽の掃除には環境にも優しい重曹がおすすめだというお話をしましたが、洗濯機に付属しているホースのお掃除も重曹を使うことがよいとされています。

 

洗濯機排水ホースが気付いたら真っ黒、どろっとした汚れがついていてショック、という経験はありませんか。

 

洗濯機のホース掃除で重曹を使うやり方についてみていきましょう。

 

まずは排水ホースが取り外せる場合についてです。

 

1.ホースを排水溝と洗濯機から外す

 

2.桶やお風呂の浴槽に40℃くらいのお湯をはって、重曹と排水ホースを入れる

 

3.1時間置く

 

4.排水ホースをしっかりとすすいで、汚れをごみ取り用ネットで取り除く

 

次に、排水ホースが取り外せない場合の掃除の仕方です。

 

1.洗濯ホースの排水口側をビニール袋と輪ゴムでフタをして、洗濯槽から水がでないようにする

 

2.洗濯槽の中に40℃くらいのお湯を低い位置まで入れて、そこに重曹を入れて混ぜる

 

3.排水が始まるまで洗濯機を回す

 

4.6時間くらい放置して、排水ホースの出口でフタをしていたビニール袋を取り外して、排水する

 

コツとしては排水口用の水切りネットの上に排水を流すことで、排水ホースの中の汚れが排水口に流れていくため排水口を汚すのを防ぐことができる、というものです。

 

排水ホースが取外せるタイプか外せないタイプかで変わってくるのでチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

 

今回は、洗濯槽の掃除に重曹がおすすめな理由、クエン酸は石けんカスに効くのか、また洗濯機のホース掃除にも重曹を使うやり方についてご紹介しました。

 

洗濯槽の掃除にはやはり重曹がおすすめです。

 

また、重曹は洗濯槽だけでなく洗濯機のホース掃除にも使えると知って驚いた方も多いかと思います。

 

ぜひこれらを参考にして、重曹での洗濯機掃除をやってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)