玄関ドアをきれいに掃除したい!玄関掃除に重曹が効くって本当?

玄関のドアの掃除はなかなかできませんよね。

 

大掃除の時などに、溝までしっかり掃除する、という方が多いかと思います。

 

私も玄関のドアは毎日外に出るときに汚れていて気になってはいるものの、なかなか掃除のついでにドアまで手が回らなくてできていません。

 

気になったときにすぐに掃除が出来れば良いのですが、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

 

毎日とはいわなくても、毎週のようにドアを掃除することが出来れば、だいぶピカピカの状態を維持できます。

 

外に行くときも帰ってくるときも、ドアは目につくので綺麗だと明るい気持ちになりますよね。

 

玄関のドアは毎日外にさらされているので、外のゴミや雨など、様々な汚れがつきます。

 

玄関はお客さんを迎えるときに必ず目につくものです。

 

ですからやはり玄関が汚れていると不快になってしまいますよね。

 

できるだけ簡単に、そして綺麗に掃除をしたいものです。

 

そこで今回は、玄関ドアなどの掃除に重曹が活躍するのか、またタイルの掃除で重曹を使う方法についてご紹介します。

 

玄関ドアや壁だけじゃない!たたきの掃除にも重曹が大活躍!

まずは、玄関掃除に重曹が活躍する、と言うことについてご紹介します。

 

最近テレビなどのメディアでも注目されている重曹ですが、使ったことがない、使い方がよくわからないと言うという方もいらっしゃるでしょう。

 

重曹は掃除のマストアイテムとして、いろいろなところで汚れを落とすのに活躍してくれるものです。

 

玄関タイルにもその実力を発揮してくれます。

 

玄関のドアや壁、たたきなど玄関掃除には重曹を使うことをおすすめします。

 

とくに玄関タイルの黒ずみが気になっているという方は多いかと思いますが、この黒ずみは酸性の汚れです。

 

そのため、重曹はアルカリ性ですから効果を発揮します。

 

水1カップに対して小さじ1の割合の重曹を入れた重曹水を作り、玄関タイルやたたきなど、気になるところにスプレーします。

 

そして時間をおいて、ブラシやスポンジなどで擦って汚れを落とすと綺麗になります。

 

玄関を丸ごときれいに!タイルの掃除に重曹を使う方法とは?

タイルの玄関だというご家庭も多いかと思います。

 

毎日のように玄関をほうきなどで掃き掃除をしている方もいらっしゃるでしょう。

 

タイルの掃除で、重曹を使ってキレイにする方法についてみていきましょう。

 

タイルは時が経つにつれてだんだんくすんでしまいます。

 

また、黒ずみも目立ってきてしまいますよね。

 

そんなに汚れが気にならないうちは、重曹をタイルに敷いて、それを水で濡らしたスポンジでこすると綺麗になります。

 

しかし、年数が経って汚れが目立ってくると、この方法ではなかなか落ちないかと思います。

 

汚れがしつこいようであれば、重曹を水で溶いてペーストのようにしたものをタイルの目地に添わせて、汚れの部分に塗布します。

 

そして20から30分ほどそのまま放置してください。

 

放置した後は、汚れが浮いてくるかと思いますので、上からスポンジでこすって汚れを落とします。

 

キレイになるかと思いますよ。

 

ちなみに床がタイル貼りの場合だけではなく、コンクリートの打ちっぱなしの床でも重曹をまいて掃除することで、綺麗になりますし消臭の効果があるので良いかと思います。

 

玄関が匂うなと思うときには、床ににおいが染みついてしまっている場合がありますので週に1回程度は掃除できるとよいですね。

 

まとめ

 

今回は、玄関ドアなどの掃除に重曹が活躍するのか、またタイルの掃除で重曹を使う方法についてご紹介しました。

 

重曹の使い方を間違えないように気をつけて、ぜひ玄関のドアなどを綺麗に掃除して下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)