pickup
AIFIRE(株式会社PD 大山和也)のスマホアプリは危ない?検証レビュー
当ブログ記事について

ブログ管理人のやまだです。

いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます!

当ブログ記事について

当ブログでの副業案件の検証の記事は、口コミサイト、実際の登録による体験、参加者様からの情報、のほか消費者庁金融庁国税庁の法人検索サイトなどの信憑性の高い情報を元に作っています。

万が一、内容と事実が違うことがあれば、こちらからお問合せ下さい。

やまだ
やまだ
自分はガードが堅いから大丈夫と思っていても、心のスキがあって参加してしまい後悔してしまうことも…
 
ひとりで行動に移してしまう前に、やまだに気軽に聞いて下さい。
お調べして返信します^^

 
 

このノウハウは再現性のある方法です。
 
副業が初めての人、上手く行ってない人はこれから始めるといいですよ^^
↓ ↓ ↓

レポート

 

株式会社PDが提供する、AIFIRE(エーアイファイヤー)というサービスを検証レビュー。中身は最新のAI×馬券自動収益アプリで稼ぐことができると謳うビジネスだが、実際のところ安全なのか。

やまだです。

在宅ワークをスマホで手軽にという人をターゲットにした副業案件をみつけました。

  • 学歴やスキル不問
  • 場所や年齢不問
  • 経験や未経験不問

最新のAIを使ったアプリで短時間で爆益を挙げているということです。

さて、どんなビジネスモデルなのか、それは危ない案件なのかどうか検証レビューしていきます。

AIFIREのビジネスモデル

AIFIREは、最新のAI×馬券自動収益アプリで稼ぐことができると謳うビジネスです。

30年以上の実績を持つ業界の専門家が開発したアプリが、競馬の的中率を高めるために専門的な理論と2万8000レース以上の統計データの解析を組み合わせているそうです。

月利がなんと、45.7%以上とのことです。

しかも、このアプリを使用すると、馬券の購入から的中配当までを自動的に処理してくれるため、競馬の知識がなくても利用することができます。

アプリを使用するためには、パソコンや専用の機器を用意する必要なく、スマホさえあれば、全ての操作を完結させることができるという話。

AIFIREを詳しく検証レビュー

まず、LPに表示されているJMRの調査結果が本物かあるかどうかをチェックしました。

 

JMRのサイトで調査期間2022/7/15~2022/9/8までの調査報告をチェックしてみるとありました。

ですが、このアンケート対象の人数はわかりませんし、「無作為に選出したインターネットユーザー」とあっても内部の人間が対象とされている可能性も無きにしもあらずです。

また、気になったのはリンク先がTPOとなっていることです。

 

リンクと辿ってみると、競馬ではなく全く別のファンドマネージャーについてのLPになっています。

あれ?ならば、AIFIREで三冠王ではないですよね?ここは矛盾だと思うのは私だけでしょうか?

AIFIREで取り敢えず登録してみようとクリックすると、こんな個人情報を入れる画面がでてきます。

名前とメアドはともかく、電話番号はNGだと思うのですが…(;^_^A

プライバシーポリシーがあっても、電話番号を申し込みをしていない段階で入力しないといけないというのは、一般的に抵抗があるものですね。

株式会社PDは信用できる会社なのか?特商法をチェック

とりあえず、特商法をみてみましょう。

項目内容
名称株式会社PD
運営統括責任者大山和也
会社ホームページhttps://psychdsgn.com/
所在地〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-11-10星野ビル3階
電話番号03-5312-5221
E-mail[email protected]

会社のホームページに、会社情報がありましたが、電話番号が載っていませんでした

きちんとした会社なら電話番号は載っているのですが、何か理由があるのでしょうか。

住所を調べてみましたら、どうやら誰でも借りれるオープンオフィスになっています。

今の時代、パソコンやスマホさえもっていれば、どこでもビジネスができるので、オープンオフィスだから株式会社PDは怪しいとはいいきれません。

 

以上から、株式会社PDの特商法からは、特に決定的に信用性に欠けるという事実はみつかりませんでした。

AIFIREに参加した場合の料金

料金についてはAIIFIREアプリ価格が3500円、そして先着何名かわかりませんが2万円のキャッシュバック付き。

アプリ代を支払うのにキャッシュバック??この辺がよくわかりませんが(;^_^A

このような案件は参加すると、ランクに分けられていて高額プランが用意されていることが普通です。

ただ、高額であっても、元がきちんと取れてそれ以上に稼げる本物であれば参加者は満足できますが、そもそも実績は文章だけであって証拠がなにひとつ公開されていません

やまだ
やまだ
30年間の実績や分析結果を公開して信用を得るのがビジネスの本質だと思うのですが、それをあえてやらないのは、何か別の意図があるのでしょうか。

LINE

AIFIREの口コミや評判

月利45.7%以上という具体的な数字が本当ならば、SNSやブログでAlFIREで稼げたという口コミや評判をちょっとぐらいは見かけてもいいと思うのですが…

ありませんね。。(;^_^A

実績の公開もなければ、参加者の声も見つからない…ですので、謎めいた案件に参加するのは危険だと思われます。

最新のAI×馬券自動収益アプリというコピーをみると、賢いAIが分析して予想して当たりの馬券を自動で選んでくれる、そんなイメージでしょうか。

AIを使って競馬で稼げるものか?

そもそもAIがあれば競馬で稼げるのか、が気になるところではないでしょうか。

AIは”過去”の膨大なデータから分析して情報を与えてくれますし、人間の能力を凌駕する処理能力があります。

ですが、競馬というのは、生きた馬が勝負します。そのため、出遅れ、怪我、接触など予想もしないことが起きますし、どんなに優秀な馬であってもその日の体調が優れなかったら勝てません。

そのような不確定要素が多いのが競馬なのに、AIの力で馬を当てる事は出来ないのです。

過去に9370万円の馬券を的中させ、芸能界随一のギャンブラーとして知られる「じゃい」さんがこうおっしゃっています。

正直現状は難しいでしょうね。競馬で「来る馬を当てる」という意味ではほぼ無理だと思います。

AI予想がもっと進化してくれれば、それによってオッズの変動も起こる可能性もあります。人間はそれを利用して、回収率で勝つことも出来るわけです。

とはいえ、AIもこの先どんどん進化していくでしょう。50年後、100年後になればとてつもないAIが誕生してることも十分あると思います。

現在における競馬予想におけるAIの役割は、期待値を計算したり、戦績や走破タイムなどのデータから期待値を算出して、どの馬を買うと妙味があるかを検証するぐらいです。

つまり、参考にするぐらいの役割しかないということです。

やまだ
やまだ
AIに頼って競馬で儲けようとすると、負けるのが目に見えます。危険ですので、AIはあくまでも補助的ツールとしてお使いください。

LINE

 

おすすめの記事